読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職場 お悩み相談所

職場でのお悩み 一人で悩まずご相談下さい

ブログ休止

わがままサラリーマンです。 前回書かせて頂きましたが、世のサラリーマンを支援したいという気持ちは変わらないのですが、やり方と支援するターゲットを変えて、あらためてブログを始めたいと思います。

成り上がりサラリーマン

わがままサラリーマンです。 週末、もう1人の共同代表と会って話をしてきました。 結論から申し上げますと、 我々が目指すべきものは、サラリーマンとして成り上がるための考え方、生き方、実践方法を伝えて行くことではないかと。 我々は血反吐を吐くような…

残業0 への取組み。かかせないこと

わがままサラリーマンです。 残業0になって今までと同じ売上が確保出来れば、もちろん会社はハッピーですよね。残業代もかからず、売上は維持。当然、利益が増加します。 一方、我々サラリーマンも残業0になれば、長時間労働から解放され、プライベートを充…

残業0への取組み。そもそもなぜ残業が発生するのか

わがままサラリーマンです。 昨今、残業0に取組む会社が増えて来ているようです。とても素晴らしい取組みだと思います。 しかしながら、ただ単に残業0だけをうたって、定時になったら会社の電気を消されて、会社から追い出されても根本は何も解決しません。 …

残業上限80時間規制

わがままサラリーマンです。 昨日の新聞でも取り上げられていましたが、月間の残業時間に制限をかける動きがありようです。 月間80時間 なるほど。 一応の指標として、法規制することに反対する者ではありませんが、 我々一般サラリーマンにはあまり関係ない…

残業0への取組み。なぜ、残業は起こるのか。

わがままサラリーマンです。 昨今、残業0に取組む企業が増えていますね。とても素晴らしいことだと思います。 しかしながら、残業0にするために、定時になったら会社の電気を消されて、会社から追い出されても根本は何も解決されません。仕事が終わらず、持…

なぜ作業ではなく仕事をすべきなのか

わがままサラリーマンです。 では、なぜ我々は作業ではなく仕事をすべきなのでしょうか。 わたしが考える作業は誰がやっても過程も結果も一緒。であれば極論すると 誰でも良い になります。 誰でも良いということは、自分でなくとも良いということです。 今…

作業と仕事の違い

わがままサラリーマンです。 いつもの通りにわたし個人の考えですが、わたしの中では 作業と仕事 の意味合いが異なります。 わたしの中では、 作業とは、入口、途中過程、出口、全てにおいて誰がやっても同じこと 作業と対比した時の仕事とは、 作業における…

愚痴は仕事の宝庫

わがままサラリーマンです。 仕事をしていると、愚痴が出る時、愚痴りたい時、ありますよね。同僚から愚痴を聞かされることもあります。 でも、わたしが思うに、愚痴って仕事の宝庫なのではないかと。 愚痴というのは、 不平や不満を言うこと ですよね。 そ…

米国大統領が変わって、我々日本のサラリーマンは何か変わるか?

わがままサラリーマンです。 日本では今日の朝に、米国の大統領が変わりました。 色々と物議のあるトランプさんが大統領に就任されましたね。 TPP脱退や、日本の米国駐留費の負担など我が国に対しても色々と影響は出て来るのでしょう。 では、トランプさんが…

手当に変わるもの

わがままサラリーマンです。 前回からの続きですが、そうは言っても我々はサラリーマンですから、 〇〇手当はいらないので、年俸制にして下さい とは言えません。会社側もそのような給料体系にしているのは、それなりに理由があるはずですから。 ですから、…

〇〇手当 という甘え

わがままサラリーマンです。 最初の頃に書かせてもらいましたが、わたしは我々サラリーマンを 自分会社の経営者 と考えています。 経営者ですから、自分の会社の経営には責任を持たなくてはいけません。 与えられた以上の貢献をすることで会社からその対価と…

我々サラリーマンも会社に甘えてはいけない

わがままサラリーマンです。 今日の朝刊に今年の春闘の記事がありました。 労働組合が会社と交渉するのは権利として認められていますし、労使交渉をすることは結構なことだと思います。 昔、トヨタの奥田会長が いつまで100円玉を積み上げるような交渉をして…

不測の事態に陥った時2

わがままサラリーマンです。 前回、お話をしましたが、クビ宣告など不測の事態に陥ったら、基本的には 新しい職場を探すしかない とわたしは考えています。 会社を相手取って、クビは不当だと訴えても良いのですが、それは後でも出来ます。 そこに時間と労力…

不足の事態に陥った時1

わがままサラリーマンです。 会社は我々を守ってはくれない。 我々は自分や家族を自分で守らなければなりません。 突然の解雇予告 今日、あなたが社長や部長に呼び出されて、 社長:明日から会社に来なくていい 自分:え?どういう意味ですか? 社長:すまんが…

会社は我々を守ってくれない

わがままサラリーマンです。 前回、 我々は会社を守るけれども 会社は我々を守ってくれない と言いました。 わたしの考え方をもう少し掘り下げると、 我々は会社のために自分の労働力を提供します。 しかし、その労働力の中には自分にテリトリー外のことも起…

なぜ頑張るのか

わがままサラリーマンです。 なぜ、サラリーマンは頑張ってしまうのか。 そもそも、がんばるとはどういうことか。 「頑張る 英語」をググると I will do my best. と出ます。直訳すれば 最善を尽くします。 わたしのボキャブラリー不足かもしれませんが、「…

国の残業捜査 ホワイトカラーにも 今日の朝刊

わがままサラリーマンです。 今日の日経に2つの労務関連記事が掲載されていました。 1. 退勤から出勤までのインターバル導入 2. 違法残業に対する国の操作がホワイカラーにも広がっている 2のホワイカラーの長時間労働に関して。 個人的にホワイカラー、ブル…

サラリーマン1位 賃金引上

わがままサラリーマンです。 企業とサラリーマンが政府に望むことの差。 1位が全く違いますね。 企業の1位: 社会保障など女性や若者が働きやすい環境整備 サラリーマン1位:賃金引上 企業は、日本の少子高齢化による人手不足解消のために、労働力の確保が必須…

会社と社員の政府に対する思いの差

わがままサラリーマンです。 今日の日経朝刊で 企業とサラリーマンが政府に対して望む働く環境の優先順位が結構異なる ことがわかりました。 企業が政府に望んでいるのは 1. 社会保障など、女性や若者が活躍したい整備環境 2.長時間労働の是正 3.治療、子育…

日本の経済発展は誰が成したか

わがままサラリーマンです。 現代の日本経済は戦後復興、高度経済成長、バブルを経て発展を続けて来ました。 最近のニュースなどを見て思うのですが、 今の日本経済を作ったのは我々サラリーマンの不断の努力だったのではなかろうかと。 その不断の努力に 国…

昨今の「働き方改革」という提言

わがままサラリーマンです。 昨今、政府主導で「働き方改革」という言葉を良く目にします。 同一職同一賃金 長時間労働の是正 などを謳っているようです。 それ自体に異を唱えることはないのですが、そもそも なぜ、われわれは働くのか 答えは人それぞれだと…

現代のトップ層は高度経済成長期の産物

わがままサラリーマンです。 そんな高度経済成長期の会社を支え続けた団塊世代が現代の70歳前後。 経済界のトップに君臨し続けています。 そして、そんなモーレツサラリーマン達に育てられた次の世代が、50-60歳代で会社のトップに君臨している。 働くことは…

ブラック企業を産んだ高度経済成長

わがままサラリーマンです。 このような寛容な我々サラリーマンの精神が、こういった上司の無能ぶりを助長し、長時間労働を強いる会社を助長しているとも言えます。 かと言って、我々は表立って上司や会社に意見出来ませんよね。 なぜか。 そこにはブラック…

無能な上司 寛容する我々

わがままサラリーマンです。 こんな時、多くの日本人は残業してでもその仕事をこなすでしょう。 状況によっては、徹夜してでも仕上げるでしょう。 冷静に考えれば、仕事を振る上司が ・アンケート調査の結果を会社が持っているか ・持っていなくても何日あれ…

ブラック企業を作り出す日本

わがままサラリーマンです。 ブラック企業。 近年、浸透してきている言葉です。 ブラック企業の定義は非常に難しい。 ネットにも情報は溢れていますが、基準自体が千差万別。 わたしが考え得るブラック企業も 人によって違う と前回話をしました。 わたしは…

2017年 明けましておめでとうございます。

わがままサラリーマンです。 新年明けましておめでとうございます。 本年も宜しくお願い申し上げます。 新年に際して、今年の目標というか、やりたいこと。 もう一つ、転職で辛い思いをするような人を少しでも減らせるようなことをしたいと思っています。 い…

2016年を振り返って

わがままサラリーマンです。 2016年も最後の日になりました。 今年1年を振り返ってみますと、 ・サラリーマンとして安定した1年だった ・無茶振りの仕事もソコソコあったが、なんとかこなせたかなと ・昨年の11月に転職で悲しい思いをしている人のために出来…

心の病になりやすい環境 長時間労働

わがままサラリーマンです。 我々からすれば、 え?そんなことで? と思えるようなことでも心は過敏で傷が開き、会社に来れなくなります。 そういった心の病になったことがない人に理解してもらえないことが多いのも心の病のツライところです。 大概、心の病…

長時間労働による心の病

わがままサラリーマンです。 エイベックスのことで話がそれました。本編に戻ります。 長時間労働が続くと負の思考の連鎖に陥るというお話をしました。 そうなると、転職や将来の夢など前や横にある人生の選択も見えなくなり、目の前の仕事を乗り切ることだけ…

エイベックス 経営者がやってはいけないこと

わがままサラリーマンです わたしは常々思うんです。 色々な会社を渡り歩いて色々な経営者とお仕事をさせてもらいました。 一番、悪質だと思うのは 社員の善意に甘えること なのではないでしょうか。 残業代の未払しかり、長時間労働しかり、休日返上しかり…

エイベックス発言 現代のサラリーマンマン

わがままサラリーマンです。 確かに仕事は楽しいですし、仕事に没頭して時間を忘れることもあります。 仕事が趣味。サラリーマンに趣味はなに?と聞かれて んー、仕事が趣味かなー という人もいますね。 でも、その人たちは 趣味がないだけ なのではないかな…

閑話休題 エイベックス

わがままサラリーマンです。 先日、音楽業界大手のエイベックスに対して、労基署から長時間労働に対する是正勧告があり、その勧告に対してエイベックス社社長は 「現代の働き方に法律があっていない」 「長時間労働の強制はダメだが、仕事が好きな人が長時間…

長時間労働からの脱却

わがままサラリーマンです。 負の連鎖の思考が始まると ・自分の能力が低いから終わらないのではないか ・もっと頑張らなきゃ ・会社に迷惑かけられない ・自分だけが遅れている ・会社のお荷物になっている、なりたくない など、自分に非があるかのような思…

長時間労働による負の思考

わがままサラリーマンです。 電通の事件をネットやマスコミ等からの情報で推察すると、詳しくはわかりませんが、慢性的な長時間労働状態にあったのであろうと思います。 毎日終電まで仕事をし、それでも終わらない。この仕事が終わったら、こっちの仕事。そ…

長時間労働に耐えられた理由

わがままサラリーマンです。 長時間労働にも色々あるのだと思います。大きく分ければ大半の仕事は長時間労働も含めて イヤイヤやってる長時間労働 ノリノリでやってる長時間労働 になろうかと思います。 わたしが長時間労働をしていた時は、上場準備の真っ只…

長時間労働

わがままサラリーマンです。 最近、あの大手広告代理店「電通」の女性社員が自ら命を絶ちました。 クローズアップされたのは 長時間労働 彼女が 命を絶った理由は長時間労働だけではないと思いますが、正常な思考、判断を誤らせ、精神的、肉体的に厳しい状況…

セクハラに気をつけていない人への対処

わがままサラリーマンです。 セクハラに気をつけていない人に対しては 周りから攻めてもらう のが有効だと思います。こうゆう人は主観が先行し客観視する能力が欠けている人が多いとわたしは思っています。そういう人にこちらが直接言っても 主観 vs 主観 に…

セクハラに気をつけている人への対処

わがままサラリーマンです。 セクハラは主観によります。という話を前回しました。 セクハラという視点から考えた時に、男のタイプは2種いるのではないかと考えております。 ・セクハラに気をつけて言動している人 ・全くセクハラなど考えず、大抵のことを言…

なぜ男はセクハラをするのか

わがままサラリーマンです。 そもそも、なぜセクハラをするのか? やはり男性が女性に対して行うことが多いので、男目線で考えてみると、色々思い当たる節はあります。 ・女性の性に興味がある。 ・奥さんや彼女には聞けない、言えないことを聞いたり言った…

セクハラ

わがままサラリーマンです。 セクハラ。セクシャルハラスメントの略ですが、端的な日本語では「性的嫌がらせ」と言われます。 セクハラの定義ですが、国による定義が見当たらなかったので、ある法律事務所の解釈を拝借すると(日比谷法律事務所http://www.bus…

パワハラを受けたら退職するしかないのか?

わがままサラリーマンです。 パワハラを受けたら退職するしかないのでしょうか。 そんなことはありませんが、中小企業において、心が病むのを防ぐためには転職するのが最善かもしれません。 前述した通り、大企業であれば 上司の移動か自分の移動 まで時間を…

パワハラによる心の病

わがままサラリーマンです。 パワハラが続くと心が病んで行きます。そして、鬱病になってしまうと、完治は非常に難しい。それどころか、自らの命を絶つという選択をする人もいます。どこまで心が病んでいたかは定かではありませんが、最近では電通の事件が問…

パワハラによる健康被害

わがままサラリーマンです。 パワハラによって健康を害するとは、どういうことか。 以前の私の職場にも居ました。社長からの叱責、ダメ出し、プレッシャーで心が悲鳴をあげて会社に来れなくなってしまいました。 実は私も昔勤めてたいた会社で、パワハラでは…

パワハラ上司への対応

わがままサラリーマンです では、そんな勘違いしてる人たちに我々はどうやって対応するか? 方法はいくつかありますが、例えば、 ・どちらかが移動になるまで耐える ・愚痴を言って精神を安定させる ・追い出す ・改心してもらう ・こちらが去る などなど。 …

パワハラ上司の生態

わがままサラリーマンです。 パワハラに対する対応を考えるには、彼らの生態を把握する必要があります。 私もパワハラ上司の会社にいた時は本当に苦労しました 彼らの生態は ・自分がこの部門を全て把握していると思い込んでいる ・自分がここで一番偉いと勘…

パワハラ

わがままサラリーマンです 今日から我々を悩ます具体的な話をしていきたいと思います。 まずは、パワハラ。 パワーハラスメント。 厚生省のHPによると、 「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲…

多くの人は自分会社の経営者

わがままサラリーマンです 前回書かせて頂きましたが、わたしの考えでは、大きな会社に勤めていようと、小さな会社に勤めていようと、自分が株式を持っている会社で働いている人以外はすべからく 自分会社の経営者 であるということです。ということは、上場…

会社と我々「自分会社」の関係性

わがままサラリーマンです。 我々「自分会社」は労働力を提供して勤め先の会社から報酬を得て「自分会社」を運営しています。 ですがそこには必要最低限、得なければならないものがあり、それがなかなか難しい。 本題です。 なぜ、難しいのか? 「ほとんどの…

自分会社運営 成果に見合った報酬をもらえること

わがままサラリーマンです。 自分会社運営の最低条件のもう一つ ・成果に見合った報酬を貰えること これがなぜ難しいか。 ある転職エージェント会社のリサーチによると、今の会社を辞める理由の中に ・給料が安い ・人事考課が納得できない ・サービス残業が…