読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職場 お悩み相談所

職場でのお悩み 一人で悩まずご相談下さい

セクハラに気をつけていない人への対処

わがままサラリーマンです。

 

セクハラに気をつけていない人に対しては

 

周りから攻めてもらう

 

のが有効だと思います。こうゆう人は主観が先行し客観視する能力が欠けている人が多いとわたしは思っています。そういう人にこちらが直接言っても

 

主観 vs 主観

 

になってしまい、ケンカになったりしてお互いの理解には進みづらい

 

なので、第三者の客観的意見で理解してもらうのが

 

そのためには

・理解のある人間が周りにいる

・客観的証拠を揃える(録音など)

 

など必要なものはありますが、何より重要なのは

 

勇気を持つ

 

ということでしょう。

自分が受けた性的嫌がらせを第三者に知らせるのはとても勇気がいることです。口に出すのも憚るようなことを言われるようなせくにあっていたら、女性にとってそんな言葉を人前で発することがどれだけ大変なことか、想像に難くありません。

 

ですから、自分で証拠の言葉を発する必要がなく、客観的証拠にもなる

 

録音

 

がベストです。

録音を理解ある方に聞いて頂いて、対処する。これがベストです。

 

周りに理解ある方がいらっしゃらなかったり、やはり知人に話すのは憚れるということでしたら、わたしにご連絡下さい。

 

対応策を一緒に考えましょう。

 

 

職場で悩んでる方、お話し伺います!

メールでのご相談はこちらにお願いします!

syokuba.onayami@gmail.com