読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職場 お悩み相談所

職場でのお悩み 一人で悩まずご相談下さい

長時間労働による負の思考

 わがままサラリーマンです。

 

電通の事件をネットやマスコミ等からの情報で推察すると、詳しくはわかりませんが、慢性的な長時間労働状態にあったのであろうと思います。

 

毎日終電まで仕事をし、それでも終わらない。この仕事が終わったら、こっちの仕事。その合間にあの仕事もしなければいけない。終わらない、1日24時間では足りない。寝る間も惜しむ。でも、終わらない。

 

いつまで続くのだろう。わからない。でも、やるしかない。やり続ければ、きっと…

 

きっと…はないんです。

 

慢性的な長時間労働をしていると、自分も周り見見えなくなって来ます。ながーいトンネルにいて、前方に光が見えるような気がします。

 

気がするだけなんです。

 

ゴールなんてない。

心も身体も疲れ果て、先を考えること自体をやめて行きます。

そして、思考はどんどんマイナスの方向に進んでいきます。

 

ここに来るまでに、もしくはギリギリこの段階で周りの誰かが声を掛けてくれたり、手を差し伸べてくれれば、まだなんとか戻れます。

 

ですが、この先の負の思考の連鎖に入ると…

 

次回お話ししましょう。

 

職場で悩んでる方、お話し伺います!

メールでのご相談はこちらにお願いします!

syokuba.onayami@gmail.com