読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職場 お悩み相談所

職場でのお悩み 一人で悩まずご相談下さい

会社と社員の政府に対する思いの差

わがままサラリーマンです。

 

今日の日経朝刊で

企業とサラリーマンが政府に対して望む働く環境の優先順位が結構異なる

ことがわかりました。

 

企業が政府に望んでいるのは

1. 社会保障など、女性や若者が活躍したい整備環境

2.長時間労働の是正

3.治療、子育て、介護と仕事の両立

 

サラリーマンが政府に望んでいるのは

1.賃金引上

2.長時間労働の是正

3.治療、子育て、介護と仕事の両立

 

まず気がつくのが、

1番以外は一緒。

あとは、サラリーマンの男女別、年代別に回答もあると良かったなと。

それから、今回の企業というのは、上場会社300社らしいので、皆さんピッカピカの会社です。

 

さて、今回のアンケート調査で見えて来るのは

 

やっぱり長時間労働は企業側も社員も無くしたい

 

という事実

企業とサラリーマンの思惑は違うでしょう

企業:長時間労働で社員に死なれたり、ネットが炎上したらヤバい。人も集まらなくなる。

すみません。わたし個人に勝手な解釈です。

サラリーマン:長時間労働で会社に拘束されるよりも、プライベートを充実させたい

これもわたし個人の勝手な解釈ですが、たまたま昨日のニュースで成人した人へのアンケートをやっており、最近の若い人は仕事よりもプライベートの充実に対する思いが強いとなっていました。

 

次回、もう少し今回のアンケート調査を考えてみましょう。

 

職場で悩んでる方、お話し伺います!

メールでのご相談はこちらにお願いします!

syokuba.onayami@gmail.com