読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職場 お悩み相談所

職場でのお悩み 一人で悩まずご相談下さい

サラリーマン1位 賃金引上

わがままサラリーマンです。

 

企業とサラリーマンが政府に望むことの差。

1位が全く違いますね。

 

企業の1位: 社会保障など女性や若者が働きやすい環境整備

サラリーマン1位:賃金引上

 

企業は、日本の少子高齢化による人手不足解消のために、労働力の確保が必須。ですから、国をあげての環境整備を整えるのは必然でしょう。

政府の対応が遅すぎる気さえします。

 

一方、サラリーマンの賃金引上。

誰だってお金は欲しい。賃金が上がるのに越したことはない。しかし、これはわたしの個人的意見ですが、

 

リスクを取らなければ得たいものは手に入らない

特に資本経済において、金を得るには相応のリスクが必要

 

なのだと考えています。

昔のように、春闘やら組合が会社と戦って、ベアを勝ち取って来た時とは状況が違います。

 

資本主義経済はリスクを取った人に利益を還元する経済社会

 

です。

我々サラリーマンは労働力を資本としてその対価を得ています。今までと同じ労働力しか提示出来なければ、得られる対価も同一と考えるべきでしょう。

 

給料を上げたければ、

 

今まで以上の成果を出す

若しくは

基準が違うところで今の労働力でも給料が高いところにフィールドを変える

 

などの対応をしばければ、上がらないと考えるべきでしょう。

 

職場で悩んでる方、お話し伺います!

メールでのご相談はこちらにお願いします!

syokuba.onayami@gmail.com