読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職場 お悩み相談所

職場でのお悩み 一人で悩まずご相談下さい

国の残業捜査 ホワイトカラーにも 今日の朝刊

わがままサラリーマンです。

 

今日の日経に2つの労務関連記事が掲載されていました。

1. 退勤から出勤までのインターバル導入

2. 違法残業に対する国の操作がホワイカラーにも広がっている

 

2のホワイカラーの長時間労働に関して。

個人的にホワイカラー、ブルーカラーという言い方は好きではないのですが、国は長時間労働に対する目を、長年、ブルーカラーに向けていたようですね。それ自体、わたしにとっては驚きでした。

 

ブルーカラー長時間労働の末、ケガをしたり、心の病になったりすることが多いというのが理由だったようです。

 

確かに工場等で長時間労働が続けば、ケガをしたり、ミスが出て製品に不具合が出たりする可能性が高まります。

ですから、国も企業もブルーカラー長時間労働には特に注意してきたんですね。

 

ただ、最近は電通を始めホワイカラーの長時間労働も摘発し始めたと。

今更?とは思いますが、目を向けてくれたことは良いことですね。

 

事務職、内勤職も仕事は山のようにあります。今日はここまで!と区切りを付けていかなければエンドレスです。

しかし、日本企業は上司が帰らないと帰れないとか、通常勤務時間では到底終わらない業務を振ってくる企業、上司が後を絶たない。

 

わたしも、そんな企業が1つでも減って行くように努力して行きます。

 

職場で悩んでる方、お話し伺います!

メールでのご相談はこちらにお願いします!

syokuba.onayami@gmail.com